ふじさき食彩テラス 青森県藤崎町のグルメ・観光案内・農産物直売

青森県藤崎町の国道7号線沿いにオープンした「ふじさき食彩テラス(旧ときわ食彩館)」。藤崎町のグルメと観光を発信します。農産物の直売所や加工品・お土産を販売。カフェ・レストランでは藤崎町産の野菜や果物を使ったランチがおススメです。また、休憩スペースや車いす用トイレ、授乳スペースも設けており、老若男女問わず多くの方にお楽しみいただけます。観光コンシェルジュが在籍し、藤崎町が誇る観光スポットをご紹介。また、弘前市や黒石市、五所川原市などの周辺観光もご案内しています。

アスパラパトロール

ブログ 2022年5月28日 更新

こんにちは、KIKUです。今回もテラスを飛び出してアスパラガスの畑をパトロールしてきました。

ふじさき食彩テラスの野菜の中で屈指の人気を誇るアスパラガス。温室育ちのお坊ちゃま・お嬢ちゃまは3月下旬頃より、露地栽培のものは4月下旬頃より入荷が始まります。

●歴史 このアスパラガス、ヨーロッパでは紀元前から栽培されていたんですって!!!!!。日本には江戸時代にオランダから渡来し観賞用として栽培され、食用として導入されたのは明治時代から。当初欧米への輸出用缶詰に使うホワイトアスパラガスが始まりで、その後は国内でも消費されるようになり、昭和40年代以降はグリーンアスパラガスが主流となったそうです。

●栄養 アスパラガスに含まれるアスパラギン酸はアミノ酸の一種で、アスパラギンは穂先に多く含まれるといわれ、吸収されると人間の体内でアスパラギン酸に変化し、新陳代謝を高めて活発にする働きがあるとされ、体細胞の増殖に役立つといわれています。またアスパラギン酸は、利尿作用や疲労回復、スタミナ補強にも役立つといわれています。アスパラガスの穂先にはルチンが含まれ、アスパラギン酸とともに血圧を安定させて動脈硬化を予防する効果が期待されている栄養素です。

●保存方法 冷蔵庫では濡れた新聞紙等で包んで乾燥を防ぎながら立てて保存すると鮮度と味を維持できます。ただし、生のまま長時間おくと繊維が硬くなり苦味が増すため、さっと茹でてから保存するのがおススメです。冷凍保存する場合は、固めに茹でてから保存袋などに入れて冷凍庫で保存できるそうです。でも藤崎町のアスパラガスはたげうめぇので保存する前に食べてなくなっちゃいますよ。わが家では細かったり曲がったりの個性豊か過ぎるアスパラをポタージュにしたら大好評でした♩これからの季節は冷製でいただきます♬

この記事を書いた人

KlKU

広島生まれ、渋谷育ち。2018年より藤崎町に移住。趣味「食べること」なのに津軽の食材•食文化初心者で勉強中。いろいろ教えてください‼︎

この人が書いた他の記事はこちら

コメントはこちらから

CAPTCHA


ふじさき食彩テラス インスタグラム

お問い合わせ

ふじさき食彩テラス
(株式会社ふじさきファーマーズLABO 会社概要)
〒038-1216
青森県南津軽郡藤崎町大字榊字和田65-8
農産物直売所
TEL 0172-65-3660/FAX 0172-65-3945
カフェ・レストラン
TEL 070-4815-5853
営業時間
直売所
9:00-18:00(12~2月は17:00まで)
カフェ・レストラン
11:00-15:00
定休日
夏季および年末年始

駐車場100台 (大型車両スペースあり)
多目的トイレ
ファミリーコーナーあり

ふじさんぽ ふじさき産品